株式会社ニコンシステム|Japan

AIと画像によるインフラ点検 コンクリート構造物点検アプリSwallowAI

製品概要

ニコンシステム独自の「AI」と「画像処理技術」により、コンクリート構造物のひびわれや遊離石灰などを自動検出できるソフトウェアです。
トンネルや橋梁などのコンクリート構造物の老朽化が進み、メンテナンスの必要性が増加する一方、人口減少によって高度な点検技術を持った人材の不足が課題となっています。
SwallowAIは、近接目視に代わる高精細な画像で、健全性を診断するための損傷図の作成まで行います。限られた人員でも正確性を担保しつつ、効率的な点検作業が可能になり、工期の短縮、作業者の負荷軽減に役立てることができます。

特徴・強み

撮影した画像から損傷箇所を自動で検出・計測

点検作業をサポートする解析ソフトウェアは複数ありますが、使用できる画質やカメラの性能に厳しい制限が設けられているケースもあります。SwallowAIは、一般的なデジタル一眼レフ・ミラーレスカメラで撮影した画像を読み込ませるだけで、ひびわれや剥離・鉄筋露出、漏水・遊離石灰といった損傷箇所を自動で検出・計測することができます。

シンプルな使い勝手で業務を効率化

SwallowAIでは、大量の撮影データに対して、あおり補正を行います。さらに撮影した画像にコンクリートの型枠がある場合には、1枚を選択して基準設定することで、他の撮影データに対しても自動で画像結合を行うことができます。コンクリート構造物全体を一枚の画像としてチェックすることが可能になるので、損傷箇所をより正確に特定できます。また結合した画像から、損傷図やDXFなどのCADデータを直接出力できるため、報告書の作成にかかる時間や手間を大幅に削減することが可能です。

撮影支援や画像管理も含めたトータルソリューションを提案

SwallowAIのご利用にあたっては、撮影機材の販売・レンタルや撮影支援、目的に合わせた撮影方法についてのコンサルティングも行っています。また、画像データの記録・連携・管理を容易にするソリューションも提供しています。過去と最新の損傷進行状況の比較確認や、関係者に対するスムーズな共有を可能にするなど、ご希望に合わせて点検業務のための一連のフローをトータルでサポートできるソリューションを提案いたします。

仕様・動作環境

動作環境

OS Windows 10(64bit)
CPU インテル® Core™ i7以上
メモリー 16GB以上
ハードディスク 2TB以上の空き容量
ディスプレイ 1920×1080以上
GPU NVIDIA RTX2070以上
  • 掲載情報は、2021年5月現在のものです。内容は予告なく変更する事があります。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標登録です。
  • NVIDIA、NVIDIAロゴ、GeForceは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。
  • その他記載された会社名、製品名等は、各社の登録商標もしくは商標です。

製品・サービス一覧を見る

  • 製品・サービスについて詳しく知りたい
  • 製品の評価ライセンスについて知りたい
  • 見積もりを取りたい
製品お問い合わせ

メールで問い合わせる